人妻には手を出さないと言う条件で…。

私はサイトで知り合った40歳の人妻と今度会う事になったのですが、内容が少し変でした。というのも、会う前にとある約束をさせられたのです。
「あなたのことはイカせてあげるけど、私には一切手を出さないで欲しい。」という条件付きでした。とりあえず性欲を発散できるのなら良いかと思って、当日ホテルで待ち合わせる事にしました。
私はホテルの入り口で待っていると、風俗嬢かよって突っ込みたくなる感じのオーラが出ている人妻がやってきました。
私は彼女と入室をし、部屋の中で話をしました。例の条件の事について再度念を押され、私はその理由を聞いてみることにしました。

「手を出したいのに出せない…そういう男性を見るのが好きなの。」という変わった理由でした。
私は彼女と一緒にシャワー室へと入り、彼女に体を洗ってもらいました。洗い方は風俗嬢のやり方と同じで手慣れている感じがしました。彼女の体はおっぱいが少し垂れていて、おまけに乳首も黒いです。私と彼女は体を洗い終えると、彼女は浴槽の淵に立ちしゃがみ込みました。
「今からおしっこするからあなたは黙って見てて…。」

そういうと彼女のマンコから黄色い液体が一気に放出されました。彼女は自分でクリトリスをいじりながらおしっこをしていて、その姿はまるで変態そのものです。
「ほら…すごい出てるでしょ?ねぇ…もっと見て…。」
そんな彼女の様子を見ている内に私は勃起してきました。

「あら?もう勃起しちゃったの?仕方ないわね。」

彼女は私の前に座り込むとそのままフェラをし出しました。まとわりつくように舐めまわされ、マンコに入れるよりもこっちの方が気持ちいいです。お風呂場に嫌らしい音を響かせながら、彼女は私のチンコをひたすら吸い続けます。そのまま彼女の口内へと発射をしようと思ったのですが、出る瞬間に口からチンコを離され、彼女の顔面目掛けて射精をしました。
彼女は目を閉じながら白いザーメンを受けていました。

「いいわ…。顔に熱い液体がかかるこの感じが本当にたまらないの…。」

彼女は顔を洗ってからお風呂を出るという事で私は先に出ることにしました。部屋の中で彼女を待っていると、彼女の携帯が鳴り出しました。するとすぐに彼女はお風呂場から出てきて、メールをチェックしているようでした。
「ゴメンね…。もう帰らないといけない。今日はありがとうね。」

彼女と一緒にホテルを出て、そのまま別れました。世の中変わった人もいるんだなと思った出来事でした。

ってことでこんな感じで人妻とか熟女と出会いたいならやっぱり出会い系サイトを使うべしと思ってます!
https://www.jukuzuma.net/
僕はここで探してますよ~